資産運用

株価下落時も積立を継続するために

現在、世界のマーケットでは株価下落が続いています。 主要な指数の年初来から見て、米国 S&P500 と全世界株式 ACWI が約 16% の下落、TOPIX が約 8% の下落となっています。 下落の要因は様々な考えがあるため割愛しますが、全世界で株価が下落している状態…

2022年4月までの成果

2022 年 4 月までの成果をまとめます。 4 月の状態として、日本では急激な円安が進行しています。 円安の原因は様々ありますが、この円安が良いう考えの人は少ないと思います。 外国通貨建てで資産を持っていない人などは日本の資産価値が減ってしまいます。…

全世界インデックス投資は再現性が高いという話

私は資産運用において、全世界インデックス投資が最適解だと考えています。 これは自身の経験と様々な投資に関する本を読み自分なりに行き着いた結論でもあります。 再現性が高い 富は増えていく 生産活動とインデックス投資は相性が良い 再現性の低い手法 …

そろそろ通貨分散を考える

所属している会社の業績がちょっとだけ良かった為、3 月に年度末一時金を貰いました。 money.nyaomin.info 金額としては少しですが、約半分を投資に充てる事としています。 そこで、どの商品を追加するか悩んでいましたが米ドル建て VT を購入しようと思いま…

ドルコスト平均法についての補足

以前、ドルコスト平均法についての再勉強を行いました。 money.nyaomin.info money.nyaomin.info 株価の下降時や横ばい時もドルコスト平均法を使い積立することにより利益を上げることができる説明をしています。 詳しくは記事に記載しています。 全くの偶然…

2022年3月までの成果

2022 年 3 月までの成果をまとめます。 3 月の状態として、ウクライナとロシアの戦争継続しています。 2 月後半からこの状態が続いており、ルーブルが荒れているなど様々な問題や懸念事項があります。 この問題に関しては早く落ち着いてほしいと願っています…

現金保有の個人的考え #2

資産運用を行うにあたり現金保有について考えています。 前回では現金資産の種類分けを行いました。 今回はそれらの資金について具体的な金額や割合を考えていきます。 資金の呼び方などは自己流となります。 money.nyaomin.info 実例の補足記事 money.nyaom…

現金保有の個人的考え #1

資産運用を行うにあたり現金保有というのは非常に大事です。 投資先や戦略、タイミングなどの話はよく聞きますが、現金の保有に関してはほとんど聞かないです。 現金保有というのは投資の根幹となる重要な要素だと思っているため考えをまとめておきます。 資…

2022年2月のREITチャートを眺める

2 月の REIT チャートを確認していきます。 REIT に関してもウクライナとロシアの影響が出ています。 米国、日本はボックス相場のような動きをしており、欧州は徐々に下がっているように見えます。 ただし、上下の変動を言えば米国もそれなりに動いています…

2022年2月の株価チャートを眺める

2 月の株価指数チャートを眺めていきます。 2022 年 2 月の株価指数は中旬までほぼ横ばいで推移していましたが、下旬にまた下落しています。 原因は明確でウクライナとロシアの問題が大きな影響を与えています。 3 月に入った現在は元の水準に戻っているよう…

2022年2月までの成果

2022 年 2 月の成果をまとめます。 現在の世界経済状態はウクライナとロシアの戦争により非常に不安定な状態になっていると考えられます。 株価指数も乱高下しており、先行きは全く読めないです。 ウクライナとロシアは交渉でも噛み合っていない状態です。 …

インデックスとアクティブのファンド比較 #2

前回からの続きとなります。 今回は一覧にした表から自分の考えをまとめていきます。 前回の記事 money.nyaomin.info 日本株 先進国株式 全世界株式 債券 まとめ 日本株 日本株を対象としたアクティブファンドは TOPIX に対して優位を保っているように見えま…

インデックスとアクティブのファンド比較 #1

資産運用の最適解は全世界に分散したインデックスファンドだと考えています。 これは自身の経験や各種書籍、過去のデータ、再現性などを比較、検討して導き出した自分の解答です。 しかし、インデックスファンド側の意見ばかり聞いていると考えが凝り固まっ…

GPIFの2021年度第3四半期運用速報を読む

GPIF 年金積立金管理運用独立行政法人が 2021 年第 3 四半期の運用速報を公開していたので読んでいきます。 GPIF の運用方針は長期安定という観点から非常に参考になります。 GPIF https://www.gpif.go.jp/operation/the-latest-results.html 収益について …

2022年1月のREITチャートを眺める

今年も株に引き続き REIT チャートを眺めます。 去年同様、米国は VNQ を欧州は REITE を日本は東証 REIT インデックスを確認していきます。 米国 REIT 欧州 REIT 日本 REIT その他 感想 米国 REIT 年初を 100 とした米ドル建て VNQ のチャートとなります。 …

2022年1月の株価チャートを眺める

今年も毎月、適当に株価指数のチャートを眺めていきます。 2022 年 1 月の株価指数は全体的に下落しています。 下落幅としては約 10% となります。 人によっては「暴落」と表現していますが、こんなものだと思います。 2021 年の上昇率から考えるとそこまで…

2022年1月の成果

2022 年 1 月の成果をまとめます。 今月は知っての通り、株や REIT は大きく減少しています。 これはコロナの影響による世界的なインフレ懸念やロシアとウクライナの事情などが絡んだ結果だと思います。 特にインフレ懸念の影響が大きいと思うので、今年は低…

Fund of the Year 2021 から考える長期投資

1 月 22 日に毎年恒例となっている「ファンドオブザイヤー」の最新 2021 年が発表されました。 これは一般の人による投票ランキングとなります。 公式によると 証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信…

iDeCo制度の再確認

2022 年は iDeCo (個人型確定拠出年金) の大きな改正があります。 特に 10 月の加入資格条件の変更は会社員にとって非常に大きな改正となります。 今回は、10 月の改正に向け、iDeCo について復習しておきます。 老後の資産形成としては最も優れている制度だ…

私が考えるつみたて NISA の問題点と活用法

今週は NISA についていろいろ考えています。 最後につみたて NISA について現在の考えと、どのように活用すれば良いと考えているかを残しておきます。 将来的に NISA 制度はつみたて NISA へ一本化されそうな流れてなっているため、その対策も兼ねています…

一般NISAの制度変更予定について

私が投資を行うにあたり、メインで使用しているのは一般 NISA 口座となります。 この一般 NISA 口座ですが、2024 年から新制度に変更となり、さらに、2028 年にはつみたてNISAに一本化されそうな予定になっています。 それらの動きを一旦、整理しておこうと…

2022年 積立商品の最終決定

2022 年の積立と投資商品を決めた為、記録しておきます。 積立商品と金額 金への投資について 需要 手数料が高い 自分には合わない 仮想通貨について おわり 余談 積立商品と金額 はじめに、積立商品と金額は 2021 年末に予定していた通りで行きます。 使用…

資産形成の原則 -投資は少額から始める-

私は資産形成を着実に行うためには少額から投資を始めるべきだと考えています。 今回はそのことについて記載していきます。 少額から始める理由 タイミングを計らない 価格変動に慣れる 良い習慣が早く備わる まとめ 少額から始める理由 はじめに、ここで言…

資産形成の原則 -「バビロンの大富豪」再読-

私は年に最低一回はお金や資産の形成についての基本を確認しています。 今回の正月休みは私の人生を変えた本である「バビロンの大富豪」を再読したので、復習します。 バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか作者:ジョージ・S・クレイ…

2021年の投資成果と感想

2021年も残り数日となりました。 今年は投資で大きな成果を得ることができました。これも日々の積立を継続してきたことのおかげだと思っています。将来のことはどうなるかわかりませんが、来年も引き続きインデックス投資を中心に行っていきます。 2021年の…

2021年12月の成果

12月も最終週となり大きな変動もないだろうということで12月の成果をまとめておきます。 投資 評価額と収益率 積立商品と金額 運動 ランニング 筋トレ 感想 余談 投資 評価額と収益率 評価額(円) 収益率(%) 11,504,035 26.70 数値はSBI証券のトータルリター…

2022年の積立投資計画 (予定)

資産の現状と問題点を確認したので2022年の積立計画を考えていこうと思います。 積立金額 積立計画 積立割合 まとめ 積立金額 はじめに、積立金額は毎月15万円ほど用意します。基本は2021年と同額の拠出です。 年間180万円と、かなり高額の積立だと思います…

保有資産の問題点

2022年の積立投資計画を考えるために投資状況の問題点を確認してきます。 投資資産の現状については前回確認済みです。 はじめに 株式の保有率が高い 米国の保有率が高い 終わり はじめに 前回、資産の現状を確認しました。 簡単にまとめると 資産区分 保有…

投資資産の現状確認

2022年の積立投資計画を考える前に現在の資産状況を確認します。 問題点、改善案は後日、考えていきます。 保有投資信託 全世界株式 先進国株式 米国株式 日本株式 新興国株式 先進国リート 日本リート 先進国債券 日本債券 保有率 グラフ化 終わり 保有投資…

11月のREITチャートを眺める

11月は中国不動産会社の資産切り売りが限界に達したのか、下旬に大きな下落をしています。中国の不動産に関しては年末にかけて非常に危ないように思います。この記事を書いている現在では恐らく今年中にデフォルトしそうな状態になっています。 米国REIT 欧…