雑記

GPIF_2022年第一四半期運用状況を見る

年金積立金管理運用独立行政法人 (GPIF) の 2022 年第一四半期の運用状況速報が公表されていたので読んでいきます。 https://www.gpif.go.jp/operation/the-latest-results.html 結果としてはマイナス収益となっています。 しかし、2022 年の第一四半期は全…

2022年7月の株価チャートを眺める

少し遅くなっていますが、毎月の通り 7 月も株価チャートを眺めていきます。 7 月は米国、日本が良い感じで上昇しています。 米国に関しては利上げやインフレ状態が市場に織り込まれ、調整に入ったのでしょうか、思っていたよりも上昇しています。 日本も上…

2022年7月までの成果

2022 年 7 月までの成果をまとめておきます。 7 月は資格試験の受験があり、情報収集及び確認やニュースもほとんど見ていない状態です。 土日で情報収集を行おうと思っていますが、今の所は世の中の流れに遅れています。 また、運動に関してもかなりサボって…

二週間の休止

メインのブログである「雑記帳」でも書いた通り、資格試験の勉強に集中するために二週間ほど更新を停止します。 ブログを書くネタが無くなったこと、気になったことがあっても調べる時間を確保できないことが理由です。 一度、止めてしまうと最習慣化するの…

2022年6月のREITチャートを眺める

6 月の REIT チャートを眺めていきます。 REIT 市場は全体として、4 月後半からの下落から更に一段、下落しています。 原因は恐らく、世界的な金利の上昇だと考えられます。 株価下落と原因は同じです。 金利上昇による景気の後退を嫌がった結果だと思います…

暴力に対する雑談

通常であれば本日は REIT チャートを眺めている予定でしたが、昼にとんでもないニュースが流れた為、そのことに関する雑談です。 本日、昼頃に自民党の安倍晋三元総理が参議院選の応援演説中に銃撃を受け死去されました。 心よりご冥福をお祈りします。 政策…

2022年6月の株価チャートを眺める

毎月の通り、2022 年 6 月までの株価チャートを眺めていきます。 今月も先月から引き続き、全ての市場で似た動きをしています。 新興国のみ若干、谷が少ないですが、動き自体は同じです。 6 月の中旬まで上昇、以降、下降に転じどうにも上がりきらないという…

2022年6月までの成果

2022 年 6 月までの成果をまとめておきます。 早いもので 2022 年も半分が過ぎました。 3,4,5 月でそれなりに落ち着いていた株価も 6 月にまた下落する結果となっています。 これは全世界共通の動きとなっており、資産運用を行っている人にとっては我慢が必…

とある配当金を頂いたので使いみちを考える

6 月は様々な会社の株主総会があり、株の配当金が出る企業も多いです。 資産運用は基本的に投資信託で行っていますが、とある事情により、付き合いのある人の会社株を保有しています。 今月はその保有分の配当金を頂きました。 配当金とは 受け取った配当金 …

プロスペクト理論と米国株の現状について

昨日は別の事に集中していた為、更新が抜けていました。 現在、世界経済は絶賛下降中です。 そのような中、プロスペクト理論という言葉を思い出したのでなんとなく調べ直してみた事と指数の現状をもう一度確認してみました。 プロスペクト理論 S&P500の状況 …

現在の株価下落について個人的な感想

2022 年は世界的に株価が下落しています。 世界の代表的な指数である米国 S&P500 は年初から現在まで約 22% の下落となっています。 全世界の指数である ACWI も S&P500 と同程度の下落となっています。 このような状況な為、投資に関するマイナスの感想も良…

投資に関する意識について

先日、JNN の世論調査において、投資に回す貯蓄がないという人が 34% いるというニュースを見ました。 https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/62881?display=1 貯蓄を投資に回そうと思わない人を合わせると 74% にもなります。 なかなか厳しい結果だと思いま…

中国指数比較に関する補足

以前行った、中国指数の比較について補足です。 money.nyaomin.info money.nyaomin.info TOPIX と比較していましたが、今回は日経平均株価と比較してみます。 日本の指数としては TOPIX よりも日経平均の方がパフォーマンスが良いこと、日本独特の「ゾンビ企…

2022年の定期眼科検診1回目

定期の眼科検診に行ってきました。 私は昔から目が悪く、普段からコンタクトレンズを愛用しています。 そのため、定期的な眼科での検診が必須となっています。 また、通っている眼科では健康そうであれば半年毎の通院で大丈夫なそうです。 しかし、私はドラ…

2022年5月のREITチャートを眺める

5 月の REIT チャートを眺めていきます。 5 月の REIT は米国、欧州、日本共に大きな動きはないです。 米国と欧州は前半に大きめの下落をしていますが、これは 4 月後半からの下落を引いたものだと思います。 また、4 月からの下落の原因としては米国の金利…

2022年5月の株価チャートを眺める

いつも通り、2022 年 5 月までの株価指数チャートを眺めていきます。 今月は全世界が全く同じと言っていいほど似た動きとなっています。 5 月前半に下落し、中旬は横ばい、下旬に上向き上昇するという傾向です。 特に米国株が下落時に大きく動いています。 …

2022年5月までの成果

2022 年 5 月までの成果まとめとなります。 5 月の状況は 4 月から横ばいという状況です。 若干、株価が上向いてきたようにも感じますが、そこまで楽観するほどではないと感じます。 全世界の状況も似たようなもので、特にこれと言って大きなニュースはなし…

中国指数の比較 #2

前回の続きです。 money.nyaomin.info 2000 年代初頭から中国に投資をすれば大きく稼げる事ができたという説が本当か確認していきます。 株価推移 上海総合指数との比較 深セン総合指数 香港ハンセン指数 感想 おわり 株価推移 前回の最期に提示した株価の推…

中国指数の比較

私が覚えている限り、2000 年代から中国は世界の工場として台頭してきました。 その中で、日本市場は終わり、これからは中国の時代が始まると幾度となく聞かされてきました。 確かに、現在の中国は GDP でみると世界 2 位の国です。 しかし、よく考えてみる…

家計調査(貯蓄・負債編)を眺める #3

前回からの続きです。 money.nyaomin.info 今回は総務省が公表している家計調査の貯蓄・負債編の結果と自分の状況を比較しています。 https://www.stat.go.jp/data/sav/1.html 現在の状況 比較 感想 おわり 現在の状況 私の現在状況を整理します。 項目 値 …

家計調査(貯蓄・負債編)を眺める #2

前回からの続きで、今回は総務省が公表している家計調査の貯蓄・負債編から世帯属性別による結果を眺めていきます。 調査結果は二人以上の世帯についてとなります。 money.nyaomin.info 世帯属性別資料では世帯主の年齢分けとして、40 歳未満、40 代、50 代…

家計調査(貯蓄・負債編)を眺める #1

総務省が定期的に公表している家計調査の貯蓄・負債編が 5 月 10 日に更新されています。 今回はそれの 2021 年平均結果 (二人以上の世帯) を見ていきます。 https://www.stat.go.jp/data/sav/1.html 貯蓄 負債 つづく 貯蓄 2021 年の一世帯当たり貯蓄額 (平…

株価下落時も積立を継続するために

現在、世界のマーケットでは株価下落が続いています。 主要な指数の年初来から見て、米国 S&P500 と全世界株式 ACWI が約 16% の下落、TOPIX が約 8% の下落となっています。 下落の要因は様々な考えがあるため割愛しますが、全世界で株価が下落している状態…

電池切れ

昨日、理由不明な完全な電池切れを起こしました。 www.nyaomin.info 今週末は少し休みます。

d払いのポイント付与改悪

先日、d 払いのポイント付与に関する改悪のメールが届いたのまとめておきます。 早い話が、d 払いでクレジット決済を利用している場合に d カード以外を設定していると d ポイント付与の対象外になるということです。 予備知識 改悪前 改悪後 全体の感想 予…

全世界インデックス投資を推していく話

GW も終了してネタもないので全世界インデックス投資を激烈に推しみます。 基本的に戯言です。 2022 年に入ってから全世界的に株価が下落しています。 年初来で見ても 10% ほどのマイナスになっています。 特に投資を始めて 1 年未満ぐらいであれば積立投資…

2022年4月のREITチャートを眺める

4 月の REIT チャートを眺めていきます。 4 月の REIT は米国、欧州で大幅な下落を記録しています。 米国の方は過度なインフレとそれに伴う政策金利の上昇が原因だと考えられます。 欧州の方はウクライナとロシアの戦争による影響です。 特に 4 月後半からイ…

2022年4月の株価チャートを眺める

2022 年 4 月までの株価指数チャートを眺めていきます。 今月は 3 月後半からの上昇が落ち着き、全体的に横ばいな推移となっています。 ただし、日本株だけは少々、元気がなくジワジワと下がっています。 日本株価がイマイチ元気のない原因は 3 月からの急激…

2022年4月までの成果

2022 年 4 月までの成果をまとめます。 4 月の状態として、日本では急激な円安が進行しています。 円安の原因は様々ありますが、この円安が良いう考えの人は少ないと思います。 外国通貨建てで資産を持っていない人などは日本の資産価値が減ってしまいます。…

疲労のため休みます

月曜は更新日の予定ですが、本日は香川にうどんを食べに行き、色々と寄り道をして今帰りました。 そのため、更新は明日にします。